トップ >  くらし・手続き >  国民健康保険 >  給付について

給付について

給付について
高額医療・高額介護合算療養費制度とは 保健福祉部 国保年金課(伊奈庁舎1F)
毎年8月1日から翌年7月31日までに受けた医療の自己負担額と介護サービスの利用者負担を合計し、世帯の区分に応じた限度額を超えた場合にその超えた額が支給される制度です。 限度額は年齢および所得によって異なります。 なお、高額療養費と同様に...
人間ドック・脳ドックの補助 保健福祉部 国保年金課(伊奈庁舎1F)
国民健康保険加入のみなさんに、疾病の早期発見や生活習慣病の予防など、健康管理に努めていただくため、人間ドック・脳ドック健診補助を下記のとおり実施します。(後期高齢者の方のドック補助も実施しています。) ドックの内容・料金については各医療機...
葬祭費 保健福祉部 国保年金課(伊奈庁舎1F)
国民健康保険・後期高齢者医療制度の加入者が亡くなられた場合、葬儀を行った人(喪主)に対して支給されます。支給額は50,000円です。 死亡届の手続きの際に、申請手続きを行ってください。申請期間は、葬祭日の翌日から2年間です。 ...
出産育児一時金の直接支払制度 保健福祉部 国保年金課(伊奈庁舎1F)
国民健康保険加入者が、平成21年1月1日以降に、『産科医療補償制度(※)』に加入している病院や診療所、助産所(分娩機関)において、在胎週数が22週に達した日以降に出産した場合、出産育児一時金が支給されます。また、妊娠85日以上の死産・流産の...
国民健康保険の給付 保健福祉部 国保年金課(伊奈庁舎1F)
(1)療養の給付 国民健康保険で診療を受けた場合、加入者はその医療費を次の割合だけ負担し、残りを国保が負担します。(入院時の食事代は、別途自己負担となります。) 医療費の自己負担割合 区分 自...