このページの本文へ移動
トップくらし・手続き上下水道下水道浄化槽 > 洗濯のときに気をつけることは

洗濯のときに気をつけることは

Q:環境にやさしいということなので、洗濯には粉石鹸を使用したいと考えているのですが。

A:浄化槽は、微生物の働きで水をきれいにします。このため、微生物の働きに影響を与えるものを使用しないようにしなければなりませんが、洗濯に環境にやさしいということで粉石鹸を使用しても特に差し支えありません。

Q:洗剤の使用は控えた方がよいのですか。

A:洗剤は、環境への負荷を減らすため、必要以上に使わないようにします。多量に使用した場合には、異常な発泡が起きたり、排水管の径が小さいと管のつまりの原因となることもありますので注意して下さい。なお、最近の合成洗剤はほとんど無リンですが、浄化槽によるリンの除去はやや難しいことから、有リン洗剤は使用しないようにします。

Q:レストランを経営しています。経費節減のため、自宅でテーブルクロスの漂白をしたいのですが。

A:多少の漂白剤は問題ありません。しかし塩素系の漂白剤を大量に使用しますと、浄化槽内の微生物が死滅したり、働きが悪くなりますので避けて下さい。

Q:すすぎは流し放しでよいでしょうか。

A:洗濯物の量にもよりますが、たとえば2槽式の洗濯機であれば、洗剤で洗った後、すすぎにかける前に脱水機でいったん洗剤を落としてから、すすぎにかけるなどの工夫をして下さい。また、風呂の排水と洗濯の排水を同時にするなどの「排水ラッシュ」はできるだけ避けて下さい。


掲載日 平成29年6月6日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
上下水道課(谷和原庁舎2F)
住所:
茨城県つくばみらい市加藤237
代表電話番号:
0297-58-2111 内線 5301~5313
FAX:
0297-52-3996
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
設問2
設問3
お住まい