このページの本文へ移動
トップくらし・手続き障がい者支援 > ヘルプカード・ヘルプマークをご利用ください

ヘルプカード・ヘルプマークをご利用ください

ヘルプカードって何?

障がいのある方などが,困っているとき,配慮が必要なときなどに支援を求めるためのカードです。あらかじめカードに「お願いしたいこと」などを記入しておき,必要なときに提示することで,周りからの支援を受けやすくするためのものです。
縦5.4cm×横8.5cmの運転免許証サイズ,折りたたみ式8面,耐水性・耐久性に優れたストーンペーパーです。
ヘルプカード画像
PDFヘルプカードをごぞんじですか(チラシ)(PDF 237 KB)

ヘルプマークって何?

障がいのある方などが,かばんに装着する等、身につけることで、外出先で周囲に援助や配慮を必要としていることを知らせるものです。このマークは、東京都が考案したもので、平成29年7月にはJISの案内用図記号に採用され、全国に普及が進んでいます。
ヘルプマーク画像

ヘルプカードを提示されたら?ヘルプマークを見かけたら?

周りの皆様にお願いです。
あなたの手助けを必要としている方がいます。
困っている様子だったり,落ち着かない様子の方を見かけたら,まずはやさしく見守り,手助けを必要としているようであれば,「何かお困りですか?」など,静かにゆっくりと声をかけてください。
ヘルプカードを提示されたら,個人情報が含まれているので中を見てよいか本人に確認し,了解を得たうえでヘルプカードを開いてください。そして,中に書いてあることに沿って手助けをお願いします。
ひとりで対応しきれないときは,周りの人と協力して支援をしましょう。
また,電車やバスの中でヘルプカード・ヘルプマークを持っている方がいたら,席をゆずるなどの配慮をしていただけると幸いです。災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。

だれが使えるの?

市内在住で,障がいのある方,難病,妊産婦の方など支援や配慮が必要な方(障害者手帳等の有無は問いません)。申請書を書くだけで,無料でその場でお渡しします。数に限りがありますので、1人につき1部ずつとさせていただきます。
WORDヘルプカード・ヘルプマーク交付申請書(WORD 47 KB)

どこでもらえるの?

伊奈庁舎社会福祉課,谷和原庁舎市民窓口課,保健福祉センター,きらくやますこやか福祉館,みらい平コミュニティセンター,谷井田コミュニティセンター,板橋コミュニティセンター,小絹コミュニティセンター
※ヘルプカードは、ホームページからもダウンロードできます。印刷してご利用ください。ストーンペーパー製のものは,窓口でお求めください。
PDFヘルプカード(ダウンロード版)(PDF 295 KB)
PDFヘルプカードの記入例(PDF 578 KB)

どうやって使うの?

外出中に体調が悪くなったとき,災害などの非常時,その他配慮や手助けが必要なときに,周りの人にヘルプカードを提示してください。財布やパスケース,障害者手帳などに入れておくと安心です。カードケースなどに入れて,バッグなどに下げておくのもよいでしょう。

ヘルプマークにはストラップがついており、そのままかばん等に付けることができます。また、付属のシールに必要な支援などを記載して、マークの裏面に貼付することができます。

※詳細は、市役所社会福祉課までお問い合わせください。


掲載日 令和元年6月17日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
社会福祉課(伊奈庁舎1F)
住所:
茨城県つくばみらい市福田195
代表電話番号:
0297-58-2111 内線 4101~4107・4109
FAX:
0297-58-5811
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
設問2
設問3
お住まい