このページの本文へ移動
トップ市政情報都市計画地籍調査 > 地籍調査をすると、どう役に立つのですか?

地籍調査をすると、どう役に立つのですか?

土地トラブル防止に役立ちます

土地の境界などが不明確だと、様々なトラブルが発生しがちです。地籍調査をしていると、次のようなトラブルを未然に防止することに役立ちます。

土地を購入し、改めて測ってみたら登記簿の面積と違っていた。

地籍調査を行っていれば正確な土地の状況が登記簿に反映されているため、安心して土地取引ができます。経済活動全体の円滑化、活性化にもつながります。

塀をつくり替えようとしたら、隣の土地の所有者から「境界が違う」と言われた。

地籍調査では土地の境界が明確になるので、住民間や官民間での土地境界紛争防止につながります。

相続を受けた土地の正確な位置がわからなかった。

地籍調査を行っていると、法務局にある地籍図(第14条地図)が正確に現況を反映しているため、所有の土地の位置が正確に分かります。また、登記簿にも正確な地積、地目が載りますので土地の状況も分かります。

まちづくりに役立ちます

公共事業が円滑に進みます

例えば土地区画整理事業を実施する場合、事前の調査や測量に多大な時間と労力が費やされることが多いものです。けれど、地積測量が行われた土地であれば、土地所有の実態が明らかなので、換地も容易に進めることができます。また、道路を舗装するときにありがちな官民境界が不明確なため事業がなかなか進まない、といった状況も避けられます。道路台帳もスムーズに作成することができます。

災害の復旧が迅速に行えます

地震、火山噴火、土砂崩れ、水害等の大きな災害が起きてしまった場合でも、地積調査が行われていれば、個々の土地が地球上の座標値で表示されているので、元の位置を簡単に確認することができます。

課税の適正化に役立ちます

地籍調査の行われていない地域では、必ずしも実態を正確に反映しているとはいえない土地登記簿や公図に基づいて固定資産税が算出されている場合があります。地籍調査が実施されれば、土地面積が正確に測量されるので、課税の適正化に役立ちます。


掲載日 平成28年2月12日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
建設課(谷和原庁舎1F)
住所:
茨城県つくばみらい市加藤237
代表電話番号:
0297-58-2111
FAX:
0297-52-6024
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
設問2
設問3
お住まい