このページの本文へ移動
トップ健康・医療・福祉福祉 > 生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援法に基づき、平成27年4月から生活困窮者に対する支援制度が始まりました。
働きたくても働けない、住むところがないなど、まずはご相談ください。相談窓口では一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が相談者に寄り添いながら他の専門機関と連携して解決に向けた支援を行います。

支援の内容

自立相談支援事業

生活に困りごとや不安を抱えている方が自立した生活を送れるよう、専門の窓口を設け相談をお受けします。支援員はどのような支援が必要かを相談者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

住居確保給付金の給付

離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。一定の資産収入等に関する要件を満たしている方が対象です。

対象となる方(市内在住の方)

生活保護を受けている方以外で、経済的な問題で生活に困っている方、長く失業している方、引きこもりやニートなどの家族問題で悩んでいる方、働いた経験がなく不安な方など、生活の問題を抱えている方はどなたでもごご相談ください。
※窓口に来られない場合には相談員が訪問することもあります。
 

相談窓口

つくばみらい市社会福祉課


曜日:月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
時間:午前8時30分から午後5時15分まで
電話:0297-58-2111
FAX:0297-58-5811

掲載日 平成30年3月30日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
社会福祉課(伊奈庁舎1F)
住所:
茨城県つくばみらい市福田195
代表電話番号:
0297-58-2111 内線 4101~4107・4109
FAX:
0297-58-5811
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
設問2
設問3
お住まい