このページの本文へ移動

要介護認定変更申請

認定の有効期限が切れる前に状態が変化した場合、要介護認定変更申請が行えます。

介護保険要介護申請から認定までの流れ

要介護変更の申請があってから、認定がでるまでには、(1)申請 →(2) 訪問調査・主治医意見書 →(3) 1次判定 → (4)2次判定 → (5)認定の手順を再度経て結果をご郵送します。

(1)申請

介護保険要介護認定変更申請書(介護保険担当課窓口にあります)を介護福祉課へ提出してください。
申請する場合は、必ずケアプランを作成している担当のケアマネジャーへまずはご相談してください。

申請場所
つくばみらい市保健福祉部介護福祉課(伊奈庁舎1階)平日午前8:30~午後5:15まで

※申請は本人のほか、家族・地域包括支援センター・指定居宅介護支援事業所・介護保険施設でも代行できます。

WORD要介護認定変更申請書(WORD 24 KB)

(2)訪問調査

市の担当職員や市より依頼されたケアマネジャーなどがご自宅を訪問し、心身の状態や日中の生活等について聞き取り調査を行います。

(2)主治医意見書

認定審査会の資料とする為、市の依頼により主治医が意見書を作成します。
主治医意見書は、一番最近受診した状況での記載になりますので、前回の受診が2ヶ月以上前の方や、前回の受診から状態が変化している方は、申請している旨を医療機関に話し、早目に受診してください。

※主治医がいない方はつくばみらい市の紹介する医師の診断をうけていただきますので申請時にお申し出ください。

(3)一次判定

訪問調査や主治医の意見書の一部のコンピュータに入力し、一次判定を行います。

(4)二次判定(認定審査)

訪問調査や主治医の意見書をもとに、どのくらいの介護が必要かなどを、保険・医療・福祉の専門家で構成される審査員が審査します。

(5)結果の通知

認定審査会により決定した要介護認定度を、申請をしてから原則30日以内に通知いたします。
認定は「非該当」「要支援1~2」「要介護1~5」のいずれかに分かれます。
要介護度に応じて、利用できるサービスや介護保険で認められる月々の利用限度額などが違います。

注意事項

適切な要介護認定判定の為に下記の事にご注意ください。

入院中の申請について

状態が不安定な場合、主治医意見書や訪問調査ができない場合があります。ご申請をされる前に主治医や病棟看護師、医療機関の相談員などに介護保険要介護認定の訪問調査ができる状態かを確認し申請をしましょう。

訪問調査について

  • 訪問調査の際は、普段の状態をより正確に把握する為、なるべく普段介護されている方の同席をお願い致します。

認知証等疾病があるがどうしても家族の同席ができない場合は、担当ケアマネジャーや入院先の相談員、病棟看護師、施設ケアマネジャーにご相談ください。
 
  • 事前にメモなどをとり調査員がきた際に伝える事ができるように準備しましょう。
  • 日により波がある場合は、いつどのような状態になるのか、どの位の頻度でどのような状態になるのかなど、詳しく調査員に伝えるようにしましょう。
  • 装具や杖など普段使用しているものがある場合は、忘れずに調査員に伝えましょう。
  • 本人を前にすると話しづらい事は、玄関や外でも結構です。必ず、調査員に現状を伝えてください。本人が調査員に伝えた事と、実際は違う場合も同様に必ず伝えるようにしましょう。

掲載日 平成30年7月2日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
介護福祉課(伊奈庁舎1F)
住所:
茨城県つくばみらい市福田195
代表電話番号:
0297-58-2111 内線 4301~4305
FAX:
0297-58-5811
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
設問2
設問3
お住まい