このページの本文へ移動
トップ市政情報都市計画まちづくり景観計画・条例 > 景観まちづくり(景観計画区域内における行為の届出)

景観まちづくり(景観計画区域内における行為の届出)

市では、平成24年4月1日に景観法に基づく景観行政団体となり、「つくばみらい市景観条例」及び「つくばみらい市景観計画」を定め、市全域を景観区域として、良好な景観形成に取り組んでいます。

市は、景観法・景観条例に基づき、市内で行われる建築・開発等について、行為に着手する前に計画内容の届出を受け、景観計画に適合しているかどうか審査します。審査の結果、必要な場合は、周辺の景観と調和するよう勧告や変更命令等を行い、良好な景観形成を誘導していきます。

届出対象行為に該当する建物や工作物等を施工する場合、届出が必要となります。(平成26年8月1日より)
 

 

PDF 行為の届出と審査手続きの流れ(PDF 578 KB)

 

PDF 届出対象行為(PDF 282 KB)

各種ダウンロード

PDF つくばみらい市景観計画(PDF 6.68 MB)

 

PDF つくばみらい市景観計画概要版(PDF 1.70 MB)

 

つくばみらい市景観条例

 

つくばみらい市景観条例施行規則

 

PDF つくばみらい市景観ガイドライン(PDF 1.85 MB)
 

※ガイドライン6ページ【建物の高さ】中の離隔距離については、当面の間、適用地域を指定します。

【陽光台2丁目1番地6(旧203街区の一部)】(平成27年3月時点)

中高層建築物の建設を検討している事業者の方は、事前にご相談下さい。

届出様式

WORD 景観計画区域内行為届出書(様式1号)(WORD 30 KB)

 

WORD 景観計画区域内行為変更届出書(様式2号)(WORD 27 KB)

 

WORD 景観計画区域内行為事前協議申出書(様式3号)(WORD 27 KB)

 

XLS 景観計画適合チェック表(事前協議及び行為の届出:添付資料)(XLS 95 KB)

景観協定

景観協定とは

景観協定は、景観計画区域内の一団の土地について、良好な景観の形成を図るため、土地所有者等の全員の合意により、当該土地の区域における良好な景観の形成に関する事項を定めるものです。

つくばみらい市の景観協定

つなぐ森みらい平景観協定
  • 名称つなぐ森みらい平景観協定
  • 区域つくばみらい市富士見ヶ丘1丁目27番1
  • 面積19,500平方メートル
  • 協定事項建築物、工作物、緑化、屋外広告物、
    その他良好な景観の形成に関する事項
  • 協定期間10年(廃止の合意がなければ、さらに10年更新する)
  • 協定者(土地所有者)
    積水ハウス株式会社、パナソニックホームズ株式会社、
    ミサワホーム株式会社、茨城セキスイハイム株式会社、
    大和ハウス株式会社、住友林業株式会社、
    旭化成ホーム株式会社
  • 認可日平成31年2月20日
    PDFつなぐ森みらい平景観協定(PDF 2.79 MB)

掲載日 令和元年6月3日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
都市計画課(谷和原庁舎1F)
住所:
茨城県つくばみらい市加藤237
代表電話番号:
0297-58-2111
FAX:
0297-52-6024
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
設問2
設問3
お住まい