このページの本文へ移動
トップくらし・手続きごみごみとリサイクルご家庭で出るごみ > プラスチック製容器包装(プラ容器)(資源物) 

プラスチック製容器包装(プラ容器)(資源物) 

プラスチック容器包装(プラ容器)とは?

プラスチック製の生鮮食品のトレイ、カップ麺の容器、お菓子の袋などの「商品の入れ物」や「商品を包んでいた物」です。

対象の製品には「プラスチック製容器包装(プラ容器)」のマークがついています。

プラマーク

 

プラスチック容器包装(プラ容器)の種類

プラスチック製容器包装(プラ容器)として出せる主な物は以下のとおりです。
 

主なプラスチック容器包装(プラ容器)
食品パック ボトル カップ型容器 食品トレー
プラ容器の絵卵パックの絵豆腐パックの絵 洗剤ボトルの絵シャンプーボトルの絵 カップ麺容器の絵 食品トレーの絵
チューブ型容器 キャップ ラベル
マヨネーズ容器の絵 菓子袋の絵レジ袋の絵詰め替え袋の絵 キャップの絵1キャップの絵2 キャップラベルの絵
 

プラスチック製容器包装(プラ容器)で出せない物

以下の物はプラスチック製容器包装(プラ容器)ではありませんので、「不燃ごみ」で出してください。

クリーニングの袋、CDケース、おもちゃ、歯ブラシ、バケツは不可の絵
 

プラスチック製容器包装(プラ容器)であっても、汚れが落ちない物、中身が入っている物は「不燃ごみ」で出してください。

※これらの物はリサイクルできませんので、分別にご協力をお願いします。

※二重袋(小袋などに入れた場合)は中身が分からないため回収できませんのでご注意ください。

弁当容器の残飯、チューブの残り、小袋に入れたものは不可を示す写真
 

プラスチック製容器包装(プラ容器)(資源物)を出す際に使用できる指定袋

指定袋と指定外袋
資源物専用袋の説明図 「資源物専用袋」(左図)を使用してください。

「プラスチック製容器包装」に丸をつけてください。

旧「あき缶専用袋」にマジックなどで「プラ容器」と書いていただければ使用できます。
米袋、レジ袋は不可を示す絵 米袋、レジ袋、肥料袋など、指定袋以外で出されたごみは収集しませんので注意してください。
 

プラスチック製容器包装(プラ容器)の出し方

プラマーク

  1. 「プラ」マークがついていることを確認してください。

  2. 中身を使い切ってください。

  3. 汚れている物は拭き取る、または、食器洗いの残り水などで洗って水気を切ってください。

カップ麺容器は洗って出し、汚れたままでは不可を示す絵
 

「資源物専用袋」(「プラスチック製容器包装」に丸をつけてください。)に入れて、収集日当日の朝8時までに、所定の集積所に出してください。

 

指定袋以外の袋(米袋、レジ袋、肥料袋など)で出されたごみは収集しませんので注意してください。

 

小袋には入れず、直接指定袋に入れてください。

 

収集日については、「ごみ・資源物収集カレンダー」をご覧ください。

 

注意

汚れた物は、資源物には出さないでください。

汚れのついた資源物は、そのものがリサイクルできないだけでなく、せっかくきちんと出していただいた物にまで混ざってしまったり、汚れがうつってしまいリサイクルができなくなってしまいますので注意してください。


掲載日 平成28年3月22日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
生活環境課(谷和原庁舎1F)
住所:
茨城県つくばみらい市加藤237
代表電話番号:
0297-58-2111
FAX:
0297-52-6024
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
設問2
設問3
お住まい