このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップライフイベント妊娠・出産手当 > よくある質問(マル福Q&A)

よくある質問(マル福Q&A)

問:申請は本人でなくてもできるのか?

答:申請に必要なものをご用意いただければ、本人以外でも申請できます。

問:受給者証をなくしてしまった。どうすればいい?

答:市役所で再発行できます。マル福受給者の健康保険証と印鑑(認め印)を持って、伊奈庁舎国保年金課または谷和原庁舎市民窓口課で再発行の申請をしてください。

問:茨城県外の医療機関では受給者証は使えないのか?

答:マル福は茨城県の制度ですので県外で受給者証は使えません。県外の医療機関を受診した場合は、その医療機関の領収書・マル福受給者証・印鑑(認め印)・振込先の預金通帳を持って、国保年金課で返金の手続きをしてください。

問:茨城県内の医療機関で受給者証を見せたのに料金がかかった。なぜ?

答:マル福は医療機関ごとに、外来だと月2回まで600円(月最大1,200円)の自己負担金が、入院だと月3,000円までの自己負担金がかかります。(重度心身障がい者マル福は自己負担金はありません)
また、保険適用外のもの(健康診断、薬の容器代、差額ベッド代、食事代、正常分娩の出産費等)については助成対象になりません。

問:マル福の自己負担金は返金されるのか?

答:マル福自己負担金の返金は平成23年9月診療分をもって終了しました。現在、自己負担金の返金は行っていません。

問:茨城県内の医療機関を受診した際、受給者証を見せるのを忘れてしまった。返金できるのか?

答:返金できます。受診した当月中であれば、領収書・健康保険証・マル福受給者証をその医療機関の窓口に持っていくことで返金されます。翌月以降になってしまった場合は、領収書・マル福受給者証・印鑑(認め印)・振込先の預金通帳を持って、国保年金課で返金の手続きをしてください。
ただし、妊産婦マル福を受給している方の場合、産婦人科以外の医療機関については最初から国保年金課での手続きとなります。

【注意】
もし、健康保険証も忘れて受診し、かつ受診月の翌月になってしまった場合は、返金手続きには手順があります。詳しくは国保年金課までお問い合わせください。

問:補装具(治療用の小児用メガネ、コルセット等)を作った場合、マル福は使えるのか?

答:使えます。まず、加入されている健康保険の保険者に療養費(かかった料金の保険者負担分)の申請をしていただきます。(手続きは、社会保険の方ならお勤め先、国民健康保険や後期高齢者医療保険の方は国保年金課になります。)
療養費が支給された後、かかった料金から療養費を引いた残りの金額がマル福から支給されます。
国民健康保険や後期高齢者医療保険の方は、最初の療養費の申請だけしていただければ、療養費の支給が済んだ後、手続きなしでマル福からも支給されます。
社会保険の方は療養費が支給された後、補装具を作ったときの領収書の写し・療養費の振込通知書・マル福受給者証・印鑑(認め印)・振込先の預金通帳を持って、国保年金課で手続きをしてください。

関連リンク


掲載日 平成28年2月12日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
国保年金課(伊奈庁舎1F)
住所:
茨城県つくばみらい市福田195
代表電話番号:
0297-58-2111 内線 4401~4408
FAX:
0297-58-5811
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
年代
性別
お住まい