このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き上下水道 > 水道管の凍結防止と凍結した時の対処法

水道管の凍結防止と凍結した時の対処法

冬の冷え込みが厳しく、水道管の凍結や凍結による漏水が頻発しています。このような凍結を防ぐ方法として、厚手の布や発泡スチロール系保温チューブ(市販品)などを水道管に巻きつけ、その上にビニールなどを巻いて、直接冷気を受けないようにしてください。
 

凍結しやすい場所

水道管がむき出しになっている場所(給湯器に接続している配管等)

水道管が戸外や北向きの日陰にあるところ(散水栓、湯沸かし器の元栓等)

北向きにある水まわり(洗面所やトイレの蛇口等)

 

水道管の凍結を防止する方法

屋外水道管の防寒

屋外の蛇口やむき出しの水道管には、保温チューブや布などを巻きつけて保温してください。また、濡れないように上からビニールをかぶせるのも効果的です。

メーターボックスの防寒

メーターを保護するためにメーターボックスの中に、布や発泡スチロール等を入れることで、内部の保温ができます。
 

水道管が凍ってしまった場合

蛇口が凍ったときは、自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルなどを被せて、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。
※急に熱いお湯をかけると、管や蛇口が破裂したり、給水栓をいためることがありますので注意が必要です。

凍結により、蛇口を開けても水が出ない場合、水がでなくても必ず蛇口を閉めるようにしてください。
 

水道管が破裂してしまった場合

水道メーターから蛇口までの漏水は、お客様負担による修理となりますので、PDF市の指定給水装置工事事業者(PDF 461 KB)へ修理を依頼してください。


掲載日 平成30年1月29日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
上下水道課(谷和原庁舎2F)
住所:
茨城県つくばみらい市加藤237
代表電話番号:
0297-58-2111 内線 5301~5313
FAX:
0297-52-3996
Mail:
(メールフォームが開きます)
【このページについてのご意見をお聞かせ下さい】
このページは役に立ちましたか?
年代
性別
お住まい