1. ホーム>
  2. 住民のみなさんへ>
  3. 子育て・保育>
  4. 子育て・保育に関するお知らせ>
  5. 日本脳炎ワクチンの供給不足についてのお知らせ

日本脳炎ワクチンの供給不足についてのお知らせ

日本脳炎ワクチンの供給量減少について

 現在、予防接種法に基づく、日本脳炎の定期接種には、阪大微生物病研究会(以下「ビケン」)のジェービックV及びKMバイオロジクス株式会社(以下「KMB」)のエンセバック皮下注用が使用されています。

 ビケンから、ジェービックVについて、製造上の問題が生じたことから、その原因究明のため、製造を一時停止した旨の報告がありました。なお、現在、製造は再開されていますが、日本脳炎ワクチンの供給量に影響が生じるため、2社のワクチン共に出荷量の調整が行われています。

ワクチンの供給状況について(厚生労働省ホームページ)をご参照ください。

優先接種対象者

供給が安定するまでの間、4回接種のうち、以下の方が優先接種の対象となります。

(1)1期初回(1回目・2回目)の対象者の方

(2)日本脳炎1期2期の対象者のうち、定期接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている方

接種対象者への個別通知について

令和3年度及び令和4年度の個別通知対象者は、以下の通りです。

       1期     1期追加     2期
令和3(2021)年度 出生届出後または転入時に交付しているため、個別通知なし <特例対象者>     ・H15(2003)年度生まれ            
令和4(2022)年度 出生届出後または転入時に交付しているため、個別通知なし

・H24(2012)年度生まれ ・H25(2013)年度生まれ                  <特例対象者>          ・H16(2004)年度生まれ      

このページの先頭に戻る
スマートフォン用ページで見る