1. ホーム>
  2. 大切なお知らせ>
  3. 新型コロナウイルス感染症対策>
  4. つくばみらい市独自の緊急対策>
  5. 新型コロナウイルス感染症に伴う市独自の対策【Part2】

新型コロナウイルス感染症に伴う市独自の対策【Part2】

新しい生活様式への対応と経済支援策

再び広がりを見せている新型コロナウイルス感染症に対して、新しい生活様式への対応と感染拡大防止・雇用の維持と事業継続への支援が重要であると考え、12日、令和2年第4回つくばみらい市議会臨時会に補正予算案を提出し、同日可決されました。
一般会計補正予算については、歳入歳出予算の総額にそれぞれ2億1,835万1千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ266億3、335万5千円とするものです。

冷たいペットボトルで接触感染防止

小中学校に自動販売機を設置し、児童生徒に1日1本冷たいお水を無料で配布
児童生徒は学校に水筒持参し、水分補給をこまめに行っています。水筒が空になると子どもたちは、水道から水分補給をすることになりますが、この場合、蛇口からの接触感染が心配されるため、小中学校に自動販売機を設置し、児童生徒が直接冷水を受け取れるようにします。
[事業費 1,515万8千円]

設置期間:8月24日~9月30日
設置場所:市内小中学校(14校)
配布内容:500mlペットボトル
配布数量:137,800本(予定)

新しい生活様式への支援

ごみ袋を全世帯に配布し、市民生活の支援と在宅勤務・テレワークを後押し
在宅勤務や外出の自粛など自宅で過ごす時間が増えたことで、家庭ごみの排出量が増加しています。そのため、ポスティングにより各家庭に対してごみ袋を配布し、増加した家庭負担の軽減を図るとともに、働き方改革を推進します。
[事業費 661万円]

配布内容:可燃ごみ袋(215,000枚)
不燃ごみ袋(215,000枚)※各10枚/世帯
4月から6月の家庭ごみ排出量の昨年度比較
:可燃ごみ(約7%増)、不燃ごみ(約18%増)

いばらきアマビエちゃんの登録・利用促進

市中感染防止に取り組み、地域経済をけん引する事業者に10万円の助成とクーポン券の発行で支援
「いばらきアマビエちゃん」は、新型コロナの感染拡大を防止しつつ、地域経済の活性化に大変有効であることから、「いばらきアマビエちゃん」に登録し、茨城県のガイドラインに沿って感染拡大防止対策に取り組む事業者に一律10万円の助成と、感染防止対策に取り組んでいる店舗で使用できるクーポン券を発行します。[事業費 8,500万円]

感染症拡大防止対策事業:1事業者あたり一律10万円助成、400事業者(見込み)
クーポン券事業:市内の登録店舗で使える1,500円分のクーポン券を全世帯に配布
(約21,000世帯)
助成・支援の条件:「いばらきアマビエちゃん」に事業者登録をしていること。

事業者の方への事業継続支援

家賃支援給付金の申請事業者に10万円を上乗せ助成
[事業費 1,000万円]

事業継続支援助成金:1事業者あたり一律10万円助成、100事業者(見込み)

地域交通の維持地域交通事業者への支援で市民の移動手段を維持

支援内容:路線バス事業者(300万円/事業所)
貸切バス事業者(100万円/事業所)
タクシー事業者(10万円/タクシー1台)
地域鉄道事業者(100万円/事業者)

学校の3密と感染防止

スクールバスの増便・増車と消毒作業を継続実施
スクールバス:伊奈小学校(2便増便)、伊奈東小学校(2台増車)
小中学校消毒作業:小学校(15人)、中学校8人

各学校に応じた必要な資材が購入できるよう、児童・生徒数によって予算を配分します
規模に応じて100万円から200万円を配分
[事業費 1,800万円]
小学校(10校)、中学校(4校)

安心できる避難所生活の整備

避難所での赤ちゃんのいる世帯の安心感の向上と、新型コロナウイルス感染防止対策の拡充をします
[事業費 398万3千円]

授乳中の女性用災害時備蓄セット:50セット((有)モーハウス製授乳服、パッドなど)
コンビ(株)製のおむつポッド(おむつ用ごみ箱)及びカセット(フィルムカートリッジ):15セット(オムツの防臭抗菌対策) サーモグラフィーカメラ:4セット など

確定申告相談の3密対策

申告相談予約システム導入で、待ち時間の縮減・混雑を解消します
[事業費 448万9千円]

申告相談予約システム用パソコン:10台
申告相談予約受付業務委託:18名(延べ人数) ほか

来庁者の安全安心

来庁者の体温を計測できるサーマルカメラを配備します
[事業費 182万8千円]
サーマルカメラ:2台 設置場所:伊奈庁舎及び谷和原庁舎

行政機能の強靭化

在宅ワークなどの環境整備で、感染症発生の際も業務を継続できるよう行政の強靭化を推進します
[事業費 3,653万3千円]

Zoom Meeting Pro:5ライセンス(1ライセンス:100台利用可能)
モバイルルーター:30台
無線アクセスポイント:40台
情報管理システム導入 ほか

キャッシュレス決済の導入

諸証明発行手数料の支払いにキャッシュレス決済と自動釣銭機能付きレジスターを導入します
[事業費 918万3千円]

導入場所:伊奈庁舎(市民窓口課、税務課)
谷和原庁舎(市民窓口課)
導入機器:キャッシュレス決済端末、自動つり銭機能付きレジスター

図書の除菌サービスを導入

紫外線による書籍の除菌機を設置し、 利用者が自由に本の除菌ができる図書館環境を整備します
[事業費 316万8千円]

設置場所:図書館本館、小絹分館、みらい平分館(各施設1台)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広報課です。

伊奈庁舎3階 〒300-2395 茨城県つくばみらい市福田195

電話番号:0297-58-2111(内線:1101~1106) ファクス番号:0297-58-5611

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

つくばみらい市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭に戻る
スマートフォン用ページで見る