1. ホーム>
  2. 大切なお知らせ>
  3. 新型コロナウイルス感染症対策>
  4. つくばみらい市独自の緊急対策>
  5. 新型コロナウイルス感染症に伴う市独自の緊急対策

新型コロナウイルス感染症に伴う市独自の緊急対策

新型コロナウイルス感染症対策(つくばみらい市緊急対策パッケージ)

令和2年4月28日、新型コロナウイルス感染症対策に関する市長記者会見の内容をまとめています。
今後、国の臨時交付金の動向を見据えながら、市独自の事業や国・県事業と組み合わせた様々な支援策を順次実施していきます。

※準備が整い次第すみやかに開始します。個別の支援策に関するお問い合わせは、担当課までご連絡ください。

つくばみらい市独自の新型コロナウイルス対策
「4本の柱」

つくばみらい市独自の新型コロナウイルス対策「4本の柱」説明図

【1つ目の柱】市民生活支援策

子育て世帯の生活を守るために

子育て世帯応援金【こども課】

  • 0歳~18歳の児童等を有する保護者等に応援金1万円を支給
  • 所得制限なし

子育て世帯臨時応援金(学習支援金)【学校総務課】

  • 低所得者(要保護・準要保護)の対象となる小中学生一人につき応援金5千円を支給
  • 支給時期は5月下旬から随時開始

子育て特別応援金【こども課】

  • ひとり親世帯などの児童扶養手当受給者に応援金5千円を支給
  • 対象者0歳~18歳、障がいのある20歳までの方

市民の生活を守るために

特別定額給付金対策室の設置【地域推進課〈特別定額給付金対策室〉】

総務省特別定額給付金の特設サイト

  • 給付に対し、スピード感を持って、市民への柔軟な対応をするための体制づくり実施。
  • 新型コロナの影響で2020年春入社予定で企業等の内定取り消しを余儀なくされた方を優先して会計年度任用職員を雇用します。

小絹駅及びみらい平駅自転車駐車場定期利用料金(学生)免除【生活環境課】

  • 通学に利用する機会がないことに対し、学生世帯の負担軽減のため、対象者への助成を拡大する。
  • 令和2年4月、5月分の利用料金が助成対象

市営住宅家賃徴収猶予【開発指導課】

家賃及び駐車場使用料の徴収猶予の負担軽減措置。

高齢者向けフレイル「虚弱」予防教材の作成及び市民への普及【介護福祉課】

  • 高齢者・シニア世代が自宅で実践できる運動教材を提供し、外出自粛による心身機能の低下を予防する。
  • 市ホームページで体操動画配信
  • 自宅でできる運動を掲載したリーフレットの作成
  • 活動を記録できる日誌を配布

【2つ目の柱】地域経済支援策

個人事業主・中小企業の雇用と事業を守るために

中小企業・個人事業主に対する相談窓口の設置【産業経済課】

事業者が融資や持続化給付金、雇用調整助成金等の支援策を活用できるよう県行政書士会と連携

雇用継続支援事業助成金【産業経済課】

  • 労働者の雇用維持を図った事業者に対し、10万円を助成
  • 国の新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金を活用

地域経済の下支えと回復期のために

プレミアム付き商品券発行【産業経済課】

市内中小企業等への経済回復と家計への負担軽減を図るため、市内限定商品券を発行

テイクアウトdeおうちごはん【産業経済課】

つくばみらい市(+近隣)テイクアウト店紹介(市商工会)

  • 外出自粛期間中「たまにはおうちで外食気分」を味わいながら、市内飲食店を応援する。
  • SNS、ホームページで広く周知していく。

【3つ目の柱】感染防止策

市民の感染リスクを低減するために

マスクの配布【健康増進課】

  • 罹患防止のため、保育園、幼稚園、小中学校、妊婦などへ配布
  • 医療機能の維持を支援するため、医療機関へ配布
  • 感染等、高リスク者(65歳以上74歳、75歳以上のシニア層)へ配布(5枚/1人)

呼吸器機能障害のある方・医療的ケア児を看護する世帯へマスク等配布【健康増進課】

  • 世帯につきマスク30枚を配布
  • 上記の障がいのある方で在宅で気管切開や人工呼吸器を使用している方にアルコール消毒液を配布

アルコール手指消毒液の設置【健康増進課】

児童館、子育て支援室、公立保育所、幼稚園、小中学校、公民館、図書館、庁舎等

次亜塩素酸水(100ppm)の無料配布【上下水道課】

感染拡大防止のため、市民へ配布(4月26日から当分の間)
日時:火曜日・木曜日・土曜日 午前10時から午後4時まで
場所:伊奈庁舎・谷和原庁舎

災害時における感染症予防対策【防災課】

発災時における避難所のソーシャルディスタンスの確保のほか医療機関で感染者の受け入れができなくなった際の受け入れ先として、公共施設を使う場合の生活空間確保

【4つ目の柱】行政機能維持策

行政サービス継続のために

市庁舎における「3密」解消対策【総務課】

職員の勤務時間の重なりを減らす対策

  • 時差出勤制度の活用
  • サテライトオフィスの開設(ソーシャルディスタンス確保)
  • 在宅勤務制度の活用

WEB会議システムの導入【秘書広報課】

庁舎間の移動と職員同士の接触機会を減少させるとともに業務の効率化を図る

接客窓口への仕切り板設置【財政課】

来庁者や職員の飛沫感染予防のため、窓口にアクリル製仕切り版を設置

市内公共交通機関の駅や車両内などに、マスク着用や手洗いなどのポスター掲示【都市計画課】

市内公共交通機関の駅や車両内などに、マスク着用や手洗いなどのポスターを掲示

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画政策課です。

伊奈庁舎3階 〒300-2395 茨城県つくばみらい市福田195

電話番号:0297-58-2111 ファクス番号:0297-58-5611

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

つくばみらい市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭に戻る
スマートフォン用ページで見る