1. ホーム>
  2. 市政について>
  3. 政策・施策・計画>
  4. 都市計画>
  5. まちづくり>
  6. 社会資本総合整備計画(宅地耐震化推進事業)の事後評価

社会資本総合整備計画(宅地耐震化推進事業)の事後評価

宅地耐震化推進事業の事後評価について

つくばみらい市では、平成27年度に社会資本総合整備計画(宅地耐震化推進事業)に基づき事業を実施いたしました。事業の目標達成状況について事後評価を実施したので、その結果について公表いたします。

社会資本総合整備計画とは

社会資本整備総合交付金を充てて事業を実施する場合、事業の目標や内容について社会資本総合整備計画を作成することとなっています。

社会資本整備総合交付金とは

地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的として創設された交付金です。

社会資本総合整備計画事後評価書 [PDF形式/122.54KB]

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは開発指導課です。

谷和原庁舎1階 〒300-2492 茨城県つくばみらい市加藤237

電話番号:0297-58-2111 ファクス番号:0297-52-6024

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

つくばみらい市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭に戻る
スマートフォン用ページで見る