土砂災害警戒区域の巡視訓練及び土のう作りを実施しました

6月5日(日曜日)、「土砂災害に対する全国統一防災訓練」が行われ、つくばみらい市では、消防団による土砂災害警戒区域及び河川の巡視訓練、水害時に使用する土のう作りを実施しました。

近年、局地的な集中豪雨が頻発しており、土砂災害や水害などの危険性が日々増しています。本訓練では、茨城県内で唯一消防団と連携した実践的な訓練を行いました。市内には、茨城県が指定した土砂災害警戒区域が約30箇所あります。市内の11個の消防団が土砂災害警戒区域及び河川の巡視後、市内2か所に参集し、土のうを約2000体作りました。今回作成した土のうは、水害などの際に消防団等で使用し、災害が発生しないように準備しております。

 

★消防団による土砂災害警戒区域の巡視訓練の様子★       ★消防団による土のう作りの様子★

消防による土砂災害警戒区域の巡視    消防団による土のう作り

 

土砂災害警戒区域などが掲載されているハザードマップについては、下記のURLからご参照ください。

https://www.city.tsukubamirai.lg.jp/jyumin/bousai-bouhan/sonae/page001711.html

このページの内容に関するお問い合わせ先

防災課 消防防災係

〒300-2395 茨城県つくばみらい市福田195 伊奈庁舎3F

電話番号:0297-58-2111(内線2502・2506)

ファクス番号:0297-58-8586

メールでお問い合わせをする
  • 2022年6月17日
  • 印刷する
  • 【ID】P-4170
このページの先頭に戻る